×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ランプの正しい使い方

ランプを正しく安全に使い、効果を満喫しましょう

1、専用の漏斗をランプに差し込み、パフュームオイルを

 

  ランプの3分の2くらいまで、注ぎます。

 

2、芯のロープ部分をランプに差し込みます。

 

  初めて使用するときには、消化キャップをかぶせて

 

  20分間 パフュームオイルをしみこませます。

 

3、芯のセラミック部分に火をつけ、2分半から3分たったら

 

  火を吹き消します。パフュームオイルは高温で蒸発し、

 

  自然に空気中に発散されます。

 

4、安全キャップ(飾り蓋)をかぶせて香りを楽しんでください。

 

  セラミック部分や飾り蓋がかなり熱くなりますので要注意です。

 

5、使用しないときは、安全キャップを取り、消火キャップ(内蓋)を

 

  かぶせます。 内蓋をかぶせずに放置するとオイルが蒸発して

 

  しまいますので、忘れずにキャップをかぶせましょう。 

 

6、最後に安全キャップ(飾り蓋)をきちんとかぶせて保管します。

ここに注意!

ランプに点火する際、パフュームオイルがもれていないか

 

注意しましょう。もれたオイルに引火する恐れがあるので、

 

必ず乾いた布でランプの表面やまわりをふいてください。

 

また、注入したパフュームオイルのボトルを閉め、安全性を

 

確保してから使用します。 点火してから火を消すまでは、

 

絶対にランプから目を離さないようにしましょう。